2017年11月25日

大都市での生活も確かに便利ですし、また楽しみとなることも多いです。しかし、よくある満員電車や時間に終われてばかりの生活、時には周りや近所ともコミュニケーションの薄い生活もあります。そこから抜け出したいと思うのも当たり前の心理です。そんなときにふと考えるのが田舎移住ではないでしょうか。

田舎移住も増えてきている!誰でもスタートさせられる

こうした思いを実現する人も今では増えてきています。少し前だと、老後に田舎で生活したいと言うひとが多くて、定年退職してから始めると言う人も多かったです。
しかし今だと、老後ではなく子育ての最中や仕事を思いきって変えてみて、田舎での生活をスタートさせる人も増えています。現役バリバリの世代で、働き盛りのころから、自分の夢を叶える人が増えています。

そうしたのもひとつには、インターネットで情報を探しやすくなったのもあるでしょう。たとえば、どこどこの田舎や地域はどんなだと言う情報から、家賃や物価や学校や病院、仕事などその田舎や地域の情報をうちにいながら探せるので、よりスタートさせやすくなっています。あなたも夢をもったらまずは、情報集めだけでもしてみるといいでしょう。これもすぐに始めることができます。

田舎生活に向いているかもわかるようになってきた

また、実際に田舎移住してみての体験談たくさんあり、参考になります。成功体験も読めば、自分だってという気持ちになったり、ますますやってみたいなと思うようにもなるでしょう。
あと、失敗体験も数多くあります。それを読むことで、自分は実は向いていないと適正がわかることもがあります。それはそれで悪いことではなく、失敗しなくてすんだ、時間や労力やお金を損せずにすんだということでいいことなのです。

また失敗体験でも知ることで、こんなことに気を付けようと言うポイントもわかり、反面教師にできます。できれば失敗体験もたくさん読むことをおすすめします。
特に失敗体験でもあるのが、仕事に関することです。田舎移住での成功の鍵はどうしても仕事もあります。いかにして見つけるか、また採用されるか、また始めることができるかが鍵です。田舎へいけば必ず農業ではありませんので、やはり仕事も自分の適正にあわせたものが選べれば成功、つまりは続けていけられそうなのです。

田舎での生活は素直に人の助けをどんどんと借りよう

大都市だと隣近所とのコミュニケーションも希薄になってしまうことだって珍しくはありません。お母さんならば学校のママ友や隣近所とも付き合いあるけど、お父さんはあまり付き合いは無いこともあるのです。
しかし、田舎へいくとそうそうそんなことをいってられません。やはり、はじめての土地やまた知らないひとばかりですので、逆に隣近所とも付き合いをしたり、助けを求める、手伝ってもらうをした方が生活もだんだんとしやすくなります。悪い噂がたつと住みにくくなるなんて声も体験談でもあります。

また助けや手伝いは個人間だけでなく、自治体や地域からのものもあります。たとえば田舎へ引っ越ししたらその地域に支援として、引っ越し代や住宅の家賃援助が出るケースもあります。また子育て支援で地域の給付金や医療費が安くなるなどもあります。
また、地域の人たちが田舎での就職の手伝いや仕事紹介するケースもあります。

田舎へは移りやすくなっている!今はチャンスである

田舎への情報も多くなり、また移りたい人を快く受け入れるところも増えています。
今はチャンスも広がっています。あなたにも始めるチャンスはたくさんあるので、見逃さないようにしましょう。