2017年12月18日

田舎移住で子育てはどうなるのか?

あなたは、田舎移住したい理由は何がありますか。さまざまな理由のひとつに、子育てをあげる人も多いです。自分のためのよりも子どものためなんて声もよく聞こえてきます。ここでは、田舎でも子育てが安心してできるのか等見ていきましょう。

大都市での子育ては、不安がいっぱい?田舎に不安は無さそう?

親からすると、大都市での子育ても不安も大きいものです。たとえば、子どもがまだ小さい頃だと外出させても、車やバイクなどの交通でケガしないか不安も大きいものです。

また、今だと不審者やさらにストーカーなどの犯罪トラブルもあります。

あと、いじめについても、大都市の方が起こりやすいのではと考えてしまいます。

大都市だと1つのクラスあたりの子どもの人数もまだまだ多いですから、やはり子ども同士のコミュニケーションでも問題も起こるリスクはあります。

なぜかこうした不安も田舎だとなさそうなイメージあります。やはりのんびりしたイメージや自然に囲まれたイメージが先行してしまい、田舎だと子育てが安心できると考えてしまうのでしょう。

支援はあってもやはり教育はきちんと受けられるかが鍵

田舎移住に関しては、自治体などの支援が確かに豊富です。医療費について支援があったりして、お金の給付やさらに無償化などがあります。
また出産すると祝い金をたくさん出すところもあり、田舎で子作りや子育てという気持ちにもなります。また地域あげて子育て協力なんてところもあり、やはり田舎の子育ては魅力的に見えます。

しかし、田舎での生活でうまくいかなかった人の声を聞くと、子どもを保育所など預けることができず、子育てで大変だったと言うものやさらに学年が上がるにつれて学力をあげるのに苦労した、塾がないので不安も感じる、また進学させるために子どもが離れてしまったなどということがあり、思っていたのと違うことも多かったとあります。

子育てをどうするかで田舎へ移るかも決まるのでは!

たとえば、共働きをする予定ならばやはり託児所などがなければ、なかなか厳しくなります。また子どもを進学させたり、大学までとなると勉強面では大都市が高いレベルの授業を受けやすいです。

このように子育ての考えによって、田舎よりも大都市がいい場合もあります。大きくなってきてからどうするかが、実は田舎が向いているかを判断材料になります。

ぜひ、これらも踏まえて田舎移住をするのか考えていきましょう。