2017年12月18日

田舎移住をするとこんなメリットかある

テレビや雑誌でもたびたび田舎移住や田舎での生活体験をする様子が取り上げられています。田舎での生活や田舎移住へ関心が高いからこそ、マスコミでも扱われるのでしょう。

老後にと言う人もいれば、今からでもなんて思う人もいるはずです。ではここでは、田舎へいくメリットを知ることから始めてみましょう。

生活面でこんなにもメリットがあることを知っていましたか

メリットとしてもいろいろとあります。まずは、生活面から見ていきましょう。最初に生活のコストが下がることがあります。
東京などの大都市だと、やはり物価がかなり高いです。

しかし、田舎へいくとその物価はかなり下がります。

一番分かりやすい例としては、住宅に関するコストです。2LDKで10万以上の部屋だったのが田舎へいったら、8万円ほどで4LDKに住めたなんて体験談もあります。10万円ほどで1戸建てを借りれたなんて体験談もあります。

あと、食べ物や普段の買い物でもコストがかからなくなります。確かにそうした普段の食事や生活用品についてもかなり大都市だとかかって大変です。しかし、田舎だと収入が下がっても物価も下がるので、十分に暮らしていけたなんて声も多いです。
大都市からの場合、貯金もあればまずは安定して生活をスタートさせられるでしょう。

生活面以外でもメリットがある。人との繋がりがメリット!

田舎に暮らすと大都市に暮らすよりも、人との繋がりを感じてよかったなんてメリットもよく聞こえてきます。はじめての田舎移住だと、知らない人だけの土地で不安も感じるでしょう。

そんなときにご近所との付き合いがとても癒されたなんて声が多かったです。

また、職場でものんびりしていたり、また終わってからも食事やときには休みに付き合うなどして、交流するのが大都市より盛んだった、新鮮でよかったなんてメリットもあるようです。

田舎だと若い人や同世代だけでなく、上の世代とも付き合う機会が増えてきます。そうした幅広い付き合いは大人はもちろん、子供にもいい影響を及ぼします。

あと、田舎だと自然も豊かだったり、大都市と違う遊びや経験ができるとして、
やはり子どもの成長にいい影響を及ぼしてくれます。

このように生活面はもちろん、それ以外でも、また大人から子どもまでメリットを受けられます。ぜひ田舎移住、前向きに検討してみませんか。