2017年11月20日

田舎移住を成功させる鍵は仕事だ!

大都市圏で暮らしていると、通勤での混雑や人混み、さらに職場など至るところであくせくしています。そうしたところにいると、のんびり生活したい、時には人間らしく生活したい何てことも思うようになります。

そんな時には田舎移住はとても、魅力的に見えてきます。

実際に田舎へ移る人も年々増えているようです。
しかし、その後成功かと言うと思いとは違うようです。

田舎へいくことばかり考えて、仕事のことを考えていない?

大都市と田舎では、やはり仕事の量も変わってきます。大都市だと仕事も求人多く探しやすいですが、田舎へいくほどやはり探しにくくなります。大都市と比べるとまだまだ景気は厳しいからです。

また、自営業をと考える人もいるかもしれませんが、田舎で元々からやっていのであれば、代々引き継いでやることもできますが、新たに田舎移住してから自営業も簡単ではありません。

土地や必要なものを揃えるのに一苦労することは間違いありません。さらに元手となるお金がかかることもあります。

気楽に農業なんて言う声が多いですが、まずは農業する土地から探さねばありません。土地はあっても農業するためには、市町村の農業委員会へ審査を求めたりしないといけません。また農地を譲ってもらうにも農業委員会の許可も要ります。簡単ではないのです。

これは本の一例ですが、田舎へ行くときにはより仕事のことを考えないと、決して成功しないのです。

田舎での仕事探しはどうしたらいいの?以外と面接厳しい?

やはり田舎での仕事を探すときには、ハローワークを利用しましょう。ハローワークの職員に話を聞いたり、相談することで情報もゲットできたりして、より早く見つかるかもしれません。

ハローワークはホームページからでも求人募集はみれるので、田舎移住を考えたらすぐに見てみるといいでしょう。

あと今だと田舎でも人を呼ぼうと農業などの就床説明会をしています。ここで地元の農家から情報を聞けたり、雇用に関することも聞けて、より仕事を探しやすくなります。

なお、田舎での仕事の面接ですが、実はすぐに大都市へ戻るのではないかと信用されずに、意外と採用されないなんてこともあります。意外と田舎での面接が厳しいのが現実です。

田舎での仕事が田舎移住を続けるか大きく左右します。しっかりと探して、働くことをアピールして仕事を見つけていきましょう。