2017年11月20日

田舎移住を支援する制度知っていますか?

普段の生活で、何か支援されるなんてことありますか。子供がいたら子育ての支援だったり、また高齢者がいたら医療費の支援なんてあります。

そんな支援が実は、田舎移住でもあるのをご存じですか。サラリーマンとかが夢見る田舎の暮らしがどうやって支援されるのかを見ていきましょう。

自治体が支援。かならずしもでないが調べておこう!

実は田舎移住については、各自治体や村が積極的に支援をしています。その支援も必ず一律ではなく、その自治体独自のものとなっています。

たとえば、ある村だと引っ越ししてきて仕事が決まるまでや安定するまで、生活費を支援してくれて、条件が整えば200万円以上のお金を支援するそうです。

また、別のところでは引っ越しにかかるお金を10万円支援するところもあります。
その他には、仕事の紹介をしてくれたり、仕事の手伝いをするなどといった仕事への支援もあります。

また、子どもがいる家庭には、その子どもが病気になったときには、中学生までならば診察代や薬代を無料にしたり、安くするといった支援もあります。

自治体以外でも支援をすることもあるので要チェック

あと、支援も村や自治体だけではありません。たとえば、その村や田舎の人たちが農業に関心のある人たち向けに農業支援の説明会やセミナーなどを開いたりもします。

ここで村の様子や生活から、さらに農業を始めるに当たってのやり方などを説明してくれます。田舎移住をしたい人にとっては話を聞くいい機会となり、これも支援のひとつと言えます。

こうした説明会やセミナーでの支援は、農業だけでなく、ほかの業種にも広がっています。専門職や職人の分野でも説明会があったりして、仕事のことをサポートするといった支援があります。

あと今だとNPO法人が主体となり、田舎暮らしの仕方やポイントを教えてくれたり、やはり仕事の説明や斡旋などしてくれるところもあります。

支援はよく探そう

もしもここだと決めた田舎があれば、ぜひそこの自治体などで、支援が使えないか調べてみてください。

またもしも決まっていないのであれば、ぜひ調べて、支援を決め手に田舎を絞り混むのもいいでしょう。
そうやって、支援を活用して田舎移住をスタートさせましょう。